瞬く間に溶けてしまうモノ

ワーキングマザー・アラフォー chocoが日々の暮らしの中ですぐに忘れてしまうようなことや見えなくなってしまうことを、未来の自分のために綴っていく記録ブログです。

平日の晩酌をやめてみる

タイトル通り。
平日の晩酌をやめてみようかな?と思いつきました。

仕事を終えて、子どもたちを保育園に迎えに行き、洗濯物を取り込んで、さぁこれから夕食の時間!というタイミングで、ビール(もちろんリキュール系第3のビールの安いもの)をプシュッとあけるのは私にとって至福の時です。


妊娠中や授乳中はビールをやめていたので、断乳して真っ先にしたことは、ビールの缶をプシュッとあけることでした。笑


でも。
夫も毎日、晩酌する派なので、購入量は相当なものになります。
正直、アルコール類の購入が家計を圧迫しているので、飲まないに越したことはないんです。


それでも。


◯◯だから、◯◯したいのを我慢する…だと、ストレスが溜まるのは目に見えているので。
節約のために、ビールを飲むのをやめるのが、
「夫は飲んでいるのに、私だけが我慢して…」って思ってしまいそうな間は、無理にやめることはしないでおこうと思っていました。

◯◯したいから、◯◯しないことを、選択する!って思えたらやめようかと思っていましたが、なかなかそうは思えず、やめよう!とはなりませんでした。



ところが。

今、通勤時間に読んでいる本のある部分が、すぅーっと染みて、突然、ひらめきました。


小川奈緒さん著
「心地よさのありか」

その中の、「やめる」心地よさ という項。


【無意識のうちに続けていたことを、意識的に「やめてみる」ことから、思いがけない成果や発見が得られるのは、なんだかとてもすがすがしい。】


【ゼロか百かと決めるのではなく、漫然と付き合うことを、やめてみる。】



これを読んで、あ!そのすがすがしさを味わいたい!と素直に思えたのです。


夫が早く帰ってきた時や、休日に二人で一緒に晩酌を楽しむことは、手放したくない大切な時間。
でも、私が一人で平日に惰性で飲んでいるビールは、手放してみてもよいのかな?と。
(もちろん、夫は今まで通りです。)


思いついたら、まず宣言してみることにした今年。このブログは未来の自分に向けて書いているので、今のこの気持ちを宣言します!

そして、2月末に振り返ってみたいと思います!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ちょうどいい暮らしへ
にほんブログ村