瞬く間に溶けてしまうモノ

ワーキングマザー・アラフォー chocoが日々の暮らしの中ですぐに忘れてしまうようなことや見えなくなってしまうことを、未来の自分のために綴っていく記録ブログです。

愛が溢れ出てしまっている接客の話

先日、3年半ほど使用したiPhone6が突然発熱して動かなくなってしまいました。
そろそろ買い替えかなぁ〜とは何となく思っていたので、秋あたりに発売されるであろう次のモデルを待っているこのタイミング。

保育園からの連絡事項も(アプリで連絡がきます)、保育園の父母会の連絡も、夫婦間の連絡も、仕事での連絡も、どれもこれもスマホがないと、とーっても不便で。

たしか、Appleがバッテリー交換プログラムを実施中だったよな〜と思い出し(↓コレね)

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて - Apple(日本)

バッテリー交換であと少し持ち堪えようと、会社を早退させてもらってApple storeへ向かいました。

Apple storeGenius Bar

餅は餅屋…ではないですが、専門のスタッフの方は本当に話が早い。状況を説明しただけで、手際よくスマホの状態を確認した上で、選択肢を提示してくれます。
次のモデルを待っているところだった話や、普段の使用方法など、診断をしている間にそんな話をいくつか挟みながら。

iPhoneを開けてみて、バッテリー交換で状況が改善する可能性もあるし、基板までダメになっていた場合はさらにコストがかかること。
待ち時間が今から3時間かかること。
その後で機種変更するか考えることもできること。などなど。

3時間かぁ…。そこから機種変更とかめちゃくちゃ時間かかるし、スマホ使えない状況は困るし、他の日に出直すとかスケジュール調整的に難しいし…。う〜む。

悩みながら、スタッフの方にあれやこれやと色々と質問します。どの質問に対しても、気持ちのいい答えがポンポンと返ってきます。
さらに、iPhone Xがいかに素晴らしくて自分が好きなのかを熱く語ってくれます。
まぁね、Apple storeのスタッフさんだから、自社製品を良く言うのは当たり前のコトなんです。でも、語り口調と嬉しそうな表情から、あぁこの人は本当にiPhone Xが大好きなんだなーというのが伝わってくるんですよね。

この溢れ出ちゃってるダダ漏れiPhone Xへの愛に後押しされて、修理はやめてiPhone Xに機種変更してきます!と告げて、Apple storeを後にしました。

さて、次は携帯キャリアのお店へ。

携帯キャリアのお店

担当してくれることになった方は、研修中の新入社員さんだそう。
初めての機種変更手続きということで、教育担当の方も一緒にカウンターに入ってくれました。

もうね、この担当の方がニコニコと笑顔がとにかく可愛い!そしてiPhone Xへの愛がハンパない!どうやら、毎年iPhoneの新作の発売日に買っているそうで。

慣れない手続きなので、そりゃあスムーズではないんですが、そんなことはまーったく苦にならないのは満面の笑顔と、嬉しそ〜うな表情だからでしょうか。
お客様に喜んで頂きたいんです!っていう気持ちが伝わってくるんですよね。

そして、教育担当の方もまぁすごい!ボソッと何気なく質問したことに対して、期待の倍以上の返答をくれるんです。
カバーやらフィルムやらについても豆知識がポンポン出てくるし、自分はどれを使っているのか、どんな風に良いのか、具体的に詳しく話してくれます。
ポイントについてもちょっときいただけなのに、お得な使い方とか還元率とかプチ情報がもれなくついてきて、ふむふむ、ほうほう…と聞いていたらApple Payの設定をすることに。
私、実はクレジットカードの情報をスマホに入れるとか、なんとなく怖いからApple Payは使わないだろうな〜って思ってた人です。笑
クレジットカードじゃなくてもApple Payって使えるんですね。知らなかった〜。

打てば響く接客って、本当に気持ちがいい!!

もう、いきなりスマホが使えなくなって凹んだ気持ちなんて吹き飛んでしまうくらい、嬉しくなってしまいました。

今まで数え切れない程の回数、携帯ショップの窓口に行ったり、機種変更したりしてきましたが、ダントツで今回の接客が一番心に残りました。

これからの時代、多くの仕事がAIにとってかわられるようになっていくのかもしれません。
そんな中で残っていくのは、こういう温度のある接客なのかな〜?と、ふと思いました。

接客だけじゃなく、自社が作っているものや取り扱っているもの、サービス、自分の仕事をどれだけ好きでいるのか?
どれだけ愛を持っているのか?
そんなコトって、前に出そうと思わなくても、自分の中から溢れ出してしまうものなんだろうな〜。

そんなことを思ったりしました。

そして1日のうちに数人からApple製品に対する愛を語られて、好きな人は本当に好きなんだな〜と、感心してしまったのですが。。。


あれ?
そういえば私の人生で、自分で買った初めての高い買い物って、実は Macintosh Performa 5320 だったかも…(初代iMacが発売される前のデスクトップパソコン)
当時、女子高生だった私の愛読していた雑誌はファッション雑誌ではなく、Mac Fan Beginnersっていうパソコン雑誌だったし。どうやら私も、Apple製品のこと、好きだったみたいです…笑