瞬く間に溶けてしまうモノ

ワーキングマザー・アラフォー chocoが日々の暮らしの中ですぐに忘れてしまうようなことや見えなくなってしまうことを、未来の自分のために綴っていく記録ブログです。

week8 「すべてをシンプルにする」

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

こちらの本を使って、令和元年5月1日からワークを実践中です。少し休んでいましたが、また再開します!(以前なら、サボってた…と自己嫌悪になるところだけど、休んでただけ〜と言えるようになった!そして休んだ後にまたサラッと再開できるようになった!うん!成長^ ^)

week8は「すべてをシンプルにする」

【Think】

どのような分野や活動において時間に追われることが、あなたの幸福感を阻害しているでしょうか。

やらなきゃいけない…(やりたくない、面倒くさい)でもやらなきゃ…という事柄があると頭のどこかで常に考えていること。


【Action】

時間の使い方を見直す。

「どの部分を簡素化できるか」「何をやめられるか」「インターネットやテレビを見るのに時間を使いすぎてはいないか」「断れることを引き受けてはいないか」

まず、スマホに時間を使いすぎてる。これはスマホをみるよりももっとやりたいことをリストにしてスマホのカバーに貼る作戦をお試し中。スマホを触ろうとした時に、それよりもっとやりたいことが目に入ったら、比較して選べるかも?と。アナログだけど、スマホの壁紙にするよりは目に入りやすいんだもん…。

断れることは、断った!日程と体力的に、もうこれ以上は無理!となったので。これは、頼まれたら断れなかった私にしては、かなりの進歩だと思います。で、気づいたのは、断ってもいいんだ!ということ。断ったらダメなんだと私が思い込んでたらしいです。

どの部分を簡素化できるか、何をやめられるか?

これについては、頭の中で「やらなくちゃ…」が常駐していたことについて、見直してみることにしました。

それは、家計簿!!

あれこれ試している家計簿ですが、レシートをすぐに家計簿アプリに入力するようになって、レシートが財布に溜まることは段々となくなってきて、自分の支払った金額については、完全に把握できるようになりました。
で、月に1度プリントアウトして、振り返りを行なっています。

ただ…夫がクレジットカードを使った後に、私がレシートをもらっていないものが、チラホラあるんです。家計簿とそのクレジットカードの使用履歴の付け合わせが、すごーく面倒!!!
利用明細書が紙で送られていた頃は、家計簿と並べて、消し込みをしていたんですが、オンライン明細と家計簿を付け合わせる作業は、なぜかすごーく面倒に感じるんです。

で、やらなきゃ…やらなきゃ…が頭の中に常駐するパターンに。

家計簿をつけている理由は、家計の把握とムダを削るためなんだから、完全一致じゃなくてもいいってのは頭では分かっているけど。ハイ、変なところで完璧主義傾向がある私です。

一致したら気持ちいいんです。スッキリ爽快なんです。簿記が大好きだった人なんです。

80パーセントでよしとしよう!と思い込もうとしたけど、100パーセントの気持ちよさを味わいたい欲求に勝てないんです…
もう、これはしょうがないからそこに抗うのはやめました。

で。

家計簿をつけることをやめてみる。

家計簿をつけるのをやめることにしました。
といっても、完全にやめるんじゃなくて、手作業だった部分を自動化するだけ。

ずーーーっと気になっていたものの、銀行口座とかクレジットカードを連携させるって、セキュリティとかどうなの?!怖くない?!と手を出せなかったアプリです。

限りある私の脳内で、毎月、毎月、毎月…やらなきゃ、やらなきゃ…を繰り返すよりも、とっとと手放した方が楽じゃない?

クレジットカードの不正利用も結構あるみたいだし。どこでどんな風に情報が盗まれてるか分からない時代。守ってるつもりでも守れていないんだったら、即座に利用データの通知があった方が早く被害に気付けるかも?

という結論に達した訳です。

食料品や日用品やガス・電気料金など、ほぼクレジットカード払い(ポイント貯めたいから)。小学校の給食費も、こどもの習い事の月謝も口座振替。コンビニもPay系のキャッシュレス決済。現金で払うものといったら、こどもの保育園や学童保育関連のものぐらいかも…?

口座とクレジットカードが連携されていれば、家計はほぼ把握できました。

でも、いざ使い始めてみたら、色々と使いづらいところがあります。例えば、食料品と日用品を一緒にクレジットカードで会計したとすると、項目は一つになってしまって、それを分けることが出来ません。
今までは、レシートの項目から食費と日用品費にそれぞれつけていたんだけど…。

ま、いっか!!スーパーで買ったらみんな食費、ドラッグストアで買ったらみんな日用品費!っていうザックリ感にすることにしました。(こういう、割り切りは早い!変な完璧主義傾向だけど、自分的ルールでOKならノンストレスで全然OKなんです。笑)

口座はよく使うものだけしか連携していないので、完璧ではないけど。やりたいことは家計簿だけなので、そこも気にしない〜。笑

クレジットカードの利用明細を確認しなきゃ…から解放されて、一気に楽になりました。会計後にスマホを出して、レシート入力もしなくてよくなって、小さな行動でも手放すとこんなに軽くなるんだー?!とあらためて感動しちゃったりしています。

勝手にグラフ化してくれるし、カードの引き落とし予定金額も教えてくれるし。振り返りもぐんとしやすくなったかも?

しばらくは、これで試してみたいと思います。

「すべてを」シンプルにする道のりは長いけど。できることから、一つずつ。


さてさて、
week9は「プロセスを楽しむ」
楽しんでるかしら…私?

親バカのつぶやき

先週から家族全体で体調不良ブームで。
上の子は溶連菌になるし、次は自分も頭痛・関節痛・倦怠感・微熱が続くし。(子どもの発熱で仕事を休んだので、自分の微熱くらいじゃ休めない&下の子もいつ発熱するか…と構えてるから余計に休めない…)
仕事から帰るとバタンと倒れこんでおりました。

そんなこんなでハーバードのワークは1週間お休みです。

体調も回復してきたので、健康のありがたみをあらためて実感中〜。そして、子ども達の成長っぷりにふと感動したので。

注意※今日は単なる親バカメモです。


体調不良の間、帰宅すると「ごめん!今から30分だけ休ませてください!」と子どもたちにお願いしてバタンと倒れ込んだ母。


その間に、上の子はやることをすませておいてくれ下の子の手伝いもテキパキとやってくれ。下の子はいつもの自由人っぷりはどこへやら、母の肩や背中をやさしくトントントン…「ど〜ぉ?ラクになった〜?」


うん、うん。気持ちがラクになったよ〜。(そういえば、家族鑑定で責任・行動の割合が高かった上の子と、奉仕・サービスの割合が高かった下の子…それぞれ違った優しさをありがとう!)



朝食の準備もしんどくて、「ごめん!パン焼いて食べておいてー!」トースターは使えるから、大丈夫なハズ…と上の子に全委任。

中にマーガリンが入ったぶどうのロールパン。

テキトー人間な母が焼くと、毎回微妙な焦げ目がついて慌てて取り出しておりました。それをいつも見ていた上の子は、研究を重ねたらしい…。

「ママー!きいて!美味しく焼ける方法を発見したよ!ココに置いて、ココまでタイマーを回してからココにセットすると、ほら!焦げてないー!!!」

うん、うん。私よりあなたの方が家事得意になる気がするよ〜。




とっても協力的な子どもたちと、夫のおかげでこうやってブログに記録できるまでに回復しました…涙
うーーん、ありがたやーー。感謝ノートに書いておかねば。

あと。

ついでにもう一つ、下の子の話。


0歳児クラスの時から保育園で上の子とずーっと一緒に過ごしていた、下の子。
保育園にも割とすんなりと慣れてくれたのは、上の子の力によるものだと思っています。困ったことがあると先生に呼ばれて助けにきてくれる上の子。延長保育の時間にどんどんお友だちの数が減っていっても、必ず一緒にいてくれる人がいるというのは下の子にとって心強いものだったのだと思います。

この春、上の子が小学校に入学して、保育園へ行くのは下の子だけになりました。最初はやはり、さみしかったようで、泣けてしまったり、イヤイヤが止まらなかったり。
それも、徐々に慣れてきたようで、朝も下の子のペースができてきました。

上の子と一緒のころは、朝の保育園へ送る自転車での移動時間は、上の子の会話に参加するという形式が多かったように思います。

それが、母と二人きりになって、下の子の話をじっくり聞ける時間がぐんと増えました。

「お花、キレイだね〜!ママ見た?黄色だよ!」

きっと今までも、伝えようとしていたんだろうけど、聴くママは一人で話したい子どもが二人だとどうしても順番こになります。それが、いつでもママがすぐに返事を返してくれて、すぐに会話になることの喜びをやっと感じられるようになったのね…(うるうるうる)

上の子に比べて、言葉が出てくるのがゆっくりだった下の子。あらためて思い返してみたら、いつもマンツーマンだった上の子と比べたら、圧倒的に会話の量が少なかったんだな〜。

朝、保育園へ行くまでの自転車でたくさんたくさん話してくれるようになりました。


さて。
我が家の玄関には、瓶に入ったどんぐりと、謎の石が並んでいます。

下の子が拾って持ち帰ってきたものを、ただ置いてあるだけです。
正直なところ、どんぐりは煮沸もしてないし(面倒だから〜)虫が出てきたら嫌だから捨てたいな〜。石は、特にキレイな形なわけでもなく、灰色のどこにでもありそうな石だし、捨てたいな〜と思っていました。


存在を忘れているだろうと思っていた、このどんぐり。ある朝、急に保育園へ持って行く!と手に握っておりました。

「せんせぇーに見せたげるの!」

そっか、そっか。この時期は公園でどんぐり拾えないもんね。ところでそのどんぐりはどんなところが好きなの?

「なが〜くてキレイなのが好き!」

キラキラした瞳でどんぐりを見つめながら、落とさないように両手でそぉっと持っている姿があまりに嬉しそうで。

私もよく見てみたら、確かに細長くてツヤツヤしている。見てるようで見ていなかったどんぐり、長いどんぐり。

この年齢になって、どんぐりをうっとりと見つめる時間を出勤前の小忙しい朝に持てるなんて…。


なんか、本当にありがとう!とじんわり思ったのでした。

week7「困難から学ぶ」

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

こちらの本を使って、令和元年5月1日からワークを実践中です。

week7は「困難から学ぶ」

【Think】

大変だったり、つらかったりした経験を思い返してみてください。そこからあなたは何を学びましたか。どのように成長したでしょうか。

大変だとか、つらいとかを最近はめっきり思わなくなってるな〜とふと思いました。
つらかったのは、産後うつの時期かも。人に助けを求めることを学んだし、助けを借りることは悪いことじゃないんだと実感できたのはこの経験のおかげだと今なら思えます。


【Action】

過去の経験を書き出す。


ずーっと心の奥底で怒りを感じたり、トラウマとなっていたことを数年前に書き出しました。本気で母に送るつもりでメールに書き綴ったのですが、書き出したらなんだかスッキリして、結局送信ボタンは押しませんでした。
そのことを思い出して、内容をもう一度書いてみようかと思ったのですが。

…思い出せなかったんです、これが。

なんとなくぼんやりとした内容は分かるんですが、三十数年に渡って詳細な内容や言葉まで覚えていて、何かの拍子で何度も何度も思い出していたのに。

見事に、どうでもいいことになっていたんだ!と衝撃でした。

そんな衝撃もあり。
トラウマとなるような出来事も思い出せず。怒りを感じて消化できなかった出来事も思い出せず。


なので、モヤモヤっとした思いで消化不良な出来事を思い出してみました。


PTAで集まったときに、お互いの状況などを軽くしゃべっていました。その時に
「そんな小さなお子さんがいて、フルタイムで働いていらっしゃるの?すごいねー。私には出来ないわ。」と言われる場面がありました。

まぁ、よく掛けられる言葉です。
言ってる方は、本当に悪気はないってのは分かるんです。

友人にも言われたことがあります。
「◯◯(私の名前)は本当に頑張るよねー。よくそんなパワーあるね、私には絶対無理!」

長い付き合いの友人で、悪気のカケラもないってのは120%分かるんです。純粋に感想を言ってるだけなんだけど。

もうね、モヤモヤ〜っとするんです。


でも、同じようなことを言われても何も引っかかりを感じないこともあるんです。
その違いは何だろう?と考えてみました。

「頑張ってるねー。」
までだったら、返事が出来るんです。

「ありがとうございますー」
「いやいや、手はめちゃくちゃ抜いてるんですけどねー」
って。

「私には無理!」がつくと
論点の中心が相手に移動するから、返事に困るんです。

いや、そもそも。
あなたは私じゃないし、私もあなたじゃないし。状況も環境も性格も特性も違うし。あなたが私と全く同じだったら、やってるかもしれないよ?ってか、そんなん比較しようがなくない?そりゃあ、共感するために自分に置き換えて考えることも必要だとは思うけど。そのままで置き換えられても、何の意味もなくない?…みたいな思いも一巡し。


返事も、
「逆に◯◯さんみたいな◯◯は私には出来ないですー」
って、探さなきゃいけなくなるし。

即座にそこまで対応する頭の回転の速さがないから、言われっぱなしのままで
「いやいや、そんなことないです…(苦笑)」って微妙な返事になるのがモヤモヤするのかも!!!

場の雰囲気を壊すことなく、相手の言葉を否定することなく、返事が出来るパターンを身につけたら、モヤモヤもなくなるかも?

何かよい返答パターンがあったら誰か教えてくださいーー!!!!m(_ _)m




他にもモヤモヤと引っかかる発言って何だろう?というのも考えてみました。
で、思い出したのは友人と話していた時に出てきたこんな言葉。

「子どものお昼ご飯がカップラーメンって普通ありえないよね?」

まぁ、カップラーメンじゃないにこしたことはないけど、私はその人の状況をずーっと見ていたわけじゃないから、何とも言えないな〜。ご飯作る気力が湧かないこともあるし。うちもたまにカップラーメンがお昼ご飯になることあるよ?

「◯◯しないとか常識的に考えたら、おかしくない?」

うーん。あなたの常識はそうかもしれないけど、そうじゃない人もいるんじゃないかな?正論はそうかもしれないけど、そうできない理由とかもあるかもしれないし。

あぁ、そうか。
その人の枠に当てはめて考える発言を聞くと、そうじゃない場合もあるんじゃない?が言えなくてモヤモヤするのかも。

共感を求めて気持ちよく話している相手を否定したいわけじゃないから、「うんうんそうだね〜」と相槌を打つけど、「そうじゃないかもしれないよ?」っていう、自分の気持ちを伝えられないもどかしさがモヤモヤになるのかも。

気分はこんな感じ。

りんごかもしれない

りんごかもしれない

りんごに見えるけど、りんごじゃないかもしれないよ。


困難から学ぶっていうタイトルから、大分離れた気がするけど。笑
発見はあったかも。



week8は「すべてをシンプルにする」
あ、これは大きなテーマだわ。

week6 「思いやりの心をもつ」

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

こちらの本を使って、令和元年5月1日からワークを実践中です。

week6は「思いやりの心をもつ」

【Think】

与えることと受け取ることは、1枚のコインの裏表のようなものです。あなたは気軽に人のために何かをしてあげられますか。そして抵抗なく人の好意を受け取ることはできますか。

気軽に何かをしてあげる…う〜む。
最近の自分を振り返って、何かしたことってあったっけ??電車でマタニティマークつけてる人に、席を譲ったことぐらいしか思い出せない…。

人の好意はありがたく受け取れるようになってきたかも。
気遣って言ってもらっているということは、変に遠慮せずに、ありがとうございます!と受け取ったな〜と思い浮かぶことが直近だけでも、数件あったし。


【Action】

「思いやりの瞑想」をする


一人きりになれる時間がなかなか取れなかったんだけど。朝、めずらしく家族が起きてくるのが遅かった日に、ホワイトノイズをイヤホンで聴きながら、瞑想タイムを少しだけ。

A Secret Garden (ヨガ, レイキ, 瞑想)

A Secret Garden (ヨガ, レイキ, 瞑想)

感謝された時のことが、ほんと〜うに思い浮かばなくて。
唯一思い出したのが、先日上の子を学童保育に迎えに行ったら、ちょうど宿題が終わって外へ遊びに行こうとしていたタイミングだったらしく、露骨にかなしそーうな顔になったので、(二度手間で面倒だし時間もズレこんじゃうけど…と思いながら)「先に保育園(下の子)のお迎え行ってくるから遊んでおいで」と伝えた時に「ありがとうーー!!!」と満面の笑顔で言われたこと。

たしかに嬉しそうな顔を見て、心から幸せな気持ちになれたな〜。

しかし。これだけ、思いやりについて何も浮かばないって…

伸びしろめちゃくちゃあるやん!!私。


まずどこから伸ばしていこうか…と、最近の出来事を色々と思い返してみました。


基本的に他人に興味がない自己中な人間だから、自分から他の人の何かに気付いてあげるってことがかなり難しい気がします。

そういえば私、よく道とか電車の行き先とかを尋ねられます。でも、自分の必要ない情報は覚えていない私…そもそも知らないから、とっさに答えることが出来ず「すみません…分からないです〜」と答える場面が多いかも。
先日も電車に乗った瞬間に「これ◯◯行きますか?」と聞かれて、あわあわと路線図を見て、えーっと行くのかな?あれ?行かないのかな?と周りに乗っていた人に慌てて聞いている間に、扉がプシューっと閉まる…ということがありました。


ん?もしかして私って、道を気軽に尋ねやすい顔をしてるのか?

じゃあ、とりあえず駅周辺と電車の行き先だけは把握しておいたら、誰かのためになるのかも???

自分から気付くことは出来ないけど、相手からヘルプを求められた時は私でも助けることが出来る!!


そんな視点で考えたことがなかったわーー。
「仁」が足りない私。まずはここから始めてみます。


week7は「困難から学ぶ」
…学ぶことだらけかも。

どこから始めるか

お母さんのための心理学講座 2期目。

【お母さんのための心理学講座第2期始まります!! | 広島市の不登校・発達障がいの家庭教師はきらぼし学舎

1期の途中くらいまで、このブログにも時々感想をメモしたりしておりました…が。

数回見逃してしまったら、とたんに遠のいてしまいました。いや、1回飛ばしてその次の回からでもいいってのは頭では分かっているんだけどね。ナンバリングされてる講座はどうも番号順にコンプリートしたくなる私。

変なところで、ゼロか百か?的な気質が発揮されちゃうんだよね。(完璧主義傾向が強いんだろうなー)

ちょうど、期が切り替わったので、リスタートのつもりで継続申し込みをしました。



初回のテーマは
「片づけで人生が変わる?!結局片づけたら何がどういいの?」でした。


ベッドの上に荷物置いて、寝るときにどかすって当たり前の行動だったわ〜とか。徹夜で一気に片付けて、また散らかり放題に散らかるまで片付けなかったな〜とか、過去の自分を思い出しながら、聴いておりました。

片付け=自己コントロールの練習、意思決定、自分の人生への責任を持つ…

やっぱり定期的に受講すると、あー!そっかー!がたくさんあります。忘れていたことすら忘れていた…というか。

そして、私がこどもの頃に常に言われていた「だらしなさ」についての言葉を思い出し、こどもの頃に安心感を持っていた人の住環境を思い出しました。そうだったな〜と、じんわり思い出す感じで。

うまいこと表せないんですが、受講後はなんとも言えない爽快感でした。
ザ!リスタート!って感じで。




そして、選択の回が観たくなり、まだ観ていない第1期の動画を観よう!と唐突に思ったのでした。

多分、衝動的な私の波がきたんでしょうね。笑

でも波が来たタイミングで過去の講座も観れるようにしてくださってるのが、本当にありがたいです^ ^


まず私に継続性がないのは、置いておいて、どうして、順にコンプリートしたくなるのかを考えてみました。

観れなかった回があったとして。
途中、途中で虫食い状態で観ていくと、どこまで観て、どれが観てないのか、分からなくなるのが嫌だったのかも?と仮定しました。


現在進行形で講座が進んでいく中で、コンプリート感・達成感を味わうには、順に受講するのが他の方法より効果的だと感じているってことかな?

じゃあ、過去の完結したシリーズなら自分の好きなところから受講しても、あとは観てない回が減っていくだけだから、分かりやすいかも?

で、リストにしてみました。


知ってるとやってるは違うわ、やっぱり!
リスト化のパワーをあらためて実感しました。

気になった回から順に観ているんですが、選択とか時間とかが、今の自分にちょうどドンピシャでハマって。タイムログの効果もじわじわと感じております。


ついつい完璧を目指しちゃいたくなるのも、私の一部分だから、それもひっくるめて。
そんな私はどうしたら行動につながるのか、どうしたら後悔のない選択をできるのか。

多分、このペースは続かないだろうな〜と分かった上で、ここから始めてみる。
始めなきゃ、何も始まらないもんね。笑
改良するにも、変えるにも。まずはここから。
やりたいこと、やれることを一つずつ。

week5 「意義を見いだす」

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

こちらの本を使って、令和元年5月1日からワークを実践中です。

week5は「意義を見いだす」

【Think】

あなたにとって、フォートノックスのすべての金塊より価値があることは何ですか。もしまだそれが見つかっていないなら、あなたの人生を幸福という通貨で豊かにしてくれるものは何だと思いますか。

うーーーむ。難しい…。
難しいと感じるってことは、まだそれが見つかっていないということなんだろうな〜。

何か、社会のためになることを特にしたいワケでもないし。基本的に自己中だし。

私の人生を幸福という通貨で豊かにしてくれるもの。子どもの成長、自分の成長?それもあるけど、それだけじゃないような気もする。



うーーーん。



何かを育てること?何かを繋げること?…自分の知らない大きな未来へとバトンを渡すこと?(←こっそり引用〜笑)


これが一番しっくりくるかも。
とはいえ、私自身が走り始めたばかりだから、まだまだ次へは繋げられそうにないけど。


私自身が人生のアレコレをしっかりと味わうこと。そして、引き出しをたくさん持ったおばあちゃんになって、その引き出しの中から小さな飴ちゃんをそっと誰かの手に渡すこと。

その渡す相手は、自分の子どもじゃなくて、今は知らないどこかの誰かなんだろうな〜と、ぼんやりと思う。
自分の子どもは一緒に育つパートナーというか、仲間みたいなイメージかな。
自分の知らないところで、自分の渡した飴ちゃんが、どこかの誰かの人生の潤いになってたら幸せかも。


あぁ、そうか。
自分が欲しかった飴ちゃんを、いつかニコニコと誰かにあげられるようなおばあちゃんになるための経験が、私にとって金塊よりも価値があることなのかも!!

抽象的すぎるけど。笑



【Action】

行動表をつくる

行動を記録するのはまずはこのアプリにしてみました。

Toggl: 時間管理 タイムシート

Toggl: 時間管理 タイムシート

  • Toggl OÜ
  • ビジネス
  • 無料
…が、どうも英語表記だと直感的に操作出来ないので、途中で断念。


アイコンで選べるこのアプリにしてみました。バーチカル表記は出来ないけど、変な完璧主義傾向がある私はバーチカルの空いてる時間(記録できてない部分)が気になってやる気がダウンしちゃうから、まずは時間を把握する目的のためには割合だけのこのアプリが良さそうかも。



ストップウォッチを手に持っているような気になって、時間を記録するっていうことで時間の使い方を意識するようになりました。

まず2週間、記録してみます。


そして、ハピネス・ブースターの素(だしの素みたいなイメージ)を、常に持ち歩けるように準備してみました。

  • 隙間時間に読書ができるように、kindle に読みたい本をダウンロードしておく。
  • 隙間時間に「お母さんのための心理学講座」を受講できるように、1〜2講座の動画をオフライン視聴可能にしておく。

通勤時間にまた試験勉強する予定で、テキストを購入予定ではあるけど。
自分が好きで楽しいものも、常に持ち歩いておきたいから。



week6は「思いやりの心をもつ」
うん、私に欠けてる部分だ。

遺言じゃないけど

ふと、思いついたのでメモ。

このブログは匿名で書いてます。
私の友人や家族は知らないハズです。

だからのびのびと、個人が特定されない程度の内容で、忘れてしまいそうな小さな気持ちの変化やら、思ったことやら、気付いたことやらを、好き勝手に、未来の自分に向けて綴っております。

過去の内容をあらためて読み返したりすると、あぁ!そうだった!そうだった!と、忘れてることが多いので、またちょこちょこ記録していこうと思ってる最近なのですが。




昔、この「死ぬまでにしたい10のこと」という映画を観て、やりたいな〜と思っていたことがあるんです。

ちょいとネタバレになっちゃうけど。
主人公は余命宣告されて、死ぬまでにしたいことをリストにします。
その中で、こどものこれからやってくる毎年の誕生日のためにお祝いメッセージを録音するんです。

これを観た時に、私にこどもはいなかったんだけど。こどもが小さいうちに死ぬことになったらこれをやっておきたい!と思いました。




で、現在。
こどもがいます。
今のところは、特に余命宣告もされてないし、健康だと思うけど。

いつ、いきなり死んじゃうか分からないなーとは、常々思ってます。
(ちなみに私の最終目標は、死ぬ瞬間に「あー面白い人生だったわー」って思って死ぬことです。笑)


でも今、こどもへのメッセージは録音してないです。


別に私が居なくなったとしても、きっと彼らは強く生きていくだろうし、私が死んじゃった後は、夫もこども達もどうか新しい家庭を築いてもらって、その中で幸せに暮らしてもらえればいいんだけど。

1点だけ気になるとしたら、まだまだ小さい彼らの中に、自分が母親から愛されていた記憶は残せるのかな〜?と。

自分は、自分を産んだ母親から愛されていたっていう確認できるものを残しておくことはしておいた方がいいかな?と。


でも、いつ死ぬか分からないのに、いつの時点でメッセージを撮るのよ?っていう部分で、ふとひらめきました。



あ、私の気持ちの記録を残してあるこのブログってのは?

特にこども達へのメッセージなんてものは何も書いてないけど。

ダメダメな母親だけど、あれこれ試して、失敗して、同じこと繰り返して、ちょっと成長して、後退して、また試して…の試行錯誤の記録はそのまま私の気持ちなら入ってるわ!!


あー、大雑把でガサツな人だったけど、色々考えてたんだなーとか、色々試してたんだなーとか。彼らが生きていくときの、何かの材料になるなら、このブログを書いていく動機になるかも。


ってことで、私のエンディングノートにこのブログのことを書き加えました。

こどもが大きくなるまで私が元気に生きてたら、サクっと削除するけどね〜!

もう一度言うと、私はいたって健康です^ ^