瞬く間に溶けてしまうモノ

ワーキングマザー・アラフォー chocoが日々の暮らしの中ですぐに忘れてしまうようなことや見えなくなってしまうことを、未来の自分のために綴っていく記録ブログです。

week6 「思いやりの心をもつ」

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫)

こちらの本を使って、令和元年5月1日からワークを実践中です。

week6は「思いやりの心をもつ」

【Think】

与えることと受け取ることは、1枚のコインの裏表のようなものです。あなたは気軽に人のために何かをしてあげられますか。そして抵抗なく人の好意を受け取ることはできますか。

気軽に何かをしてあげる…う〜む。
最近の自分を振り返って、何かしたことってあったっけ??電車でマタニティマークつけてる人に、席を譲ったことぐらいしか思い出せない…。

人の好意はありがたく受け取れるようになってきたかも。
気遣って言ってもらっているということは、変に遠慮せずに、ありがとうございます!と受け取ったな〜と思い浮かぶことが直近だけでも、数件あったし。


【Action】

「思いやりの瞑想」をする


一人きりになれる時間がなかなか取れなかったんだけど。朝、めずらしく家族が起きてくるのが遅かった日に、ホワイトノイズをイヤホンで聴きながら、瞑想タイムを少しだけ。

A Secret Garden (ヨガ, レイキ, 瞑想)

A Secret Garden (ヨガ, レイキ, 瞑想)

感謝された時のことが、ほんと〜うに思い浮かばなくて。
唯一思い出したのが、先日上の子を学童保育に迎えに行ったら、ちょうど宿題が終わって外へ遊びに行こうとしていたタイミングだったらしく、露骨にかなしそーうな顔になったので、(二度手間で面倒だし時間もズレこんじゃうけど…と思いながら)「先に保育園(下の子)のお迎え行ってくるから遊んでおいで」と伝えた時に「ありがとうーー!!!」と満面の笑顔で言われたこと。

たしかに嬉しそうな顔を見て、心から幸せな気持ちになれたな〜。

しかし。これだけ、思いやりについて何も浮かばないって…

伸びしろめちゃくちゃあるやん!!私。


まずどこから伸ばしていこうか…と、最近の出来事を色々と思い返してみました。


基本的に他人に興味がない自己中な人間だから、自分から他の人の何かに気付いてあげるってことがかなり難しい気がします。

そういえば私、よく道とか電車の行き先とかを尋ねられます。でも、自分の必要ない情報は覚えていない私…そもそも知らないから、とっさに答えることが出来ず「すみません…分からないです〜」と答える場面が多いかも。
先日も電車に乗った瞬間に「これ◯◯行きますか?」と聞かれて、あわあわと路線図を見て、えーっと行くのかな?あれ?行かないのかな?と周りに乗っていた人に慌てて聞いている間に、扉がプシューっと閉まる…ということがありました。


ん?もしかして私って、道を気軽に尋ねやすい顔をしてるのか?

じゃあ、とりあえず駅周辺と電車の行き先だけは把握しておいたら、誰かのためになるのかも???

自分から気付くことは出来ないけど、相手からヘルプを求められた時は私でも助けることが出来る!!


そんな視点で考えたことがなかったわーー。
「仁」が足りない私。まずはここから始めてみます。


week7は「困難から学ぶ」
…学ぶことだらけかも。