瞬く間に溶けてしまうモノ

ワーキングマザー・アラフォー chocoが日々の暮らしの中ですぐに忘れてしまうようなことや見えなくなってしまうことを、未来の自分のために綴っていく記録ブログです。

遺言じゃないけど

ふと、思いついたのでメモ。

このブログは匿名で書いてます。
私の友人や家族は知らないハズです。

だからのびのびと、個人が特定されない程度の内容で、忘れてしまいそうな小さな気持ちの変化やら、思ったことやら、気付いたことやらを、好き勝手に、未来の自分に向けて綴っております。

過去の内容をあらためて読み返したりすると、あぁ!そうだった!そうだった!と、忘れてることが多いので、またちょこちょこ記録していこうと思ってる最近なのですが。




昔、この「死ぬまでにしたい10のこと」という映画を観て、やりたいな〜と思っていたことがあるんです。

ちょいとネタバレになっちゃうけど。
主人公は余命宣告されて、死ぬまでにしたいことをリストにします。
その中で、こどものこれからやってくる毎年の誕生日のためにお祝いメッセージを録音するんです。

これを観た時に、私にこどもはいなかったんだけど。こどもが小さいうちに死ぬことになったらこれをやっておきたい!と思いました。




で、現在。
こどもがいます。
今のところは、特に余命宣告もされてないし、健康だと思うけど。

いつ、いきなり死んじゃうか分からないなーとは、常々思ってます。
(ちなみに私の最終目標は、死ぬ瞬間に「あー面白い人生だったわー」って思って死ぬことです。笑)


でも今、こどもへのメッセージは録音してないです。


別に私が居なくなったとしても、きっと彼らは強く生きていくだろうし、私が死んじゃった後は、夫もこども達もどうか新しい家庭を築いてもらって、その中で幸せに暮らしてもらえればいいんだけど。

1点だけ気になるとしたら、まだまだ小さい彼らの中に、自分が母親から愛されていた記憶は残せるのかな〜?と。

自分は、自分を産んだ母親から愛されていたっていう確認できるものを残しておくことはしておいた方がいいかな?と。


でも、いつ死ぬか分からないのに、いつの時点でメッセージを撮るのよ?っていう部分で、ふとひらめきました。



あ、私の気持ちの記録を残してあるこのブログってのは?

特にこども達へのメッセージなんてものは何も書いてないけど。

ダメダメな母親だけど、あれこれ試して、失敗して、同じこと繰り返して、ちょっと成長して、後退して、また試して…の試行錯誤の記録はそのまま私の気持ちなら入ってるわ!!


あー、大雑把でガサツな人だったけど、色々考えてたんだなーとか、色々試してたんだなーとか。彼らが生きていくときの、何かの材料になるなら、このブログを書いていく動機になるかも。


ってことで、私のエンディングノートにこのブログのことを書き加えました。

こどもが大きくなるまで私が元気に生きてたら、サクっと削除するけどね〜!

もう一度言うと、私はいたって健康です^ ^