瞬く間に溶けてしまうモノ

ワーキングマザー・アラフォー chocoが日々の暮らしの中ですぐに忘れてしまうようなことや見えなくなってしまうことを、未来の自分のために綴っていく記録ブログです。

手放したモノ2018(1109〜1114)


財布×1。
雑誌の付録だったもの。外側の部分と内側の小銭入れ部分の両方のファスナーの留め具が取れてしまったので。一粒万倍日と天赦日と大安が重なった縁起がいいという日に、新しい財布にかえてみました。



フリクションボールペン×1。
フリクションの書き心地が苦手で自分で買うことはなかったのですが、もらったので…ということで試しに使っておりました。ボールペンと思うと苦手だったのですが、シャーペンの代わりと思ったら使いやすいことに気付きました。(なんだ?そりゃ?って感じですが。笑)
本体に広告文字入りだったので、インクがなくなったタイミングで新しいものに買い替えました。



思い出のTシャツ×1。
色んな思い出がギュッと詰まったcookie timeのTシャツ。ずっと着ないで思い出としてとってあったものを、「使う!」と決めてたくさん着てみました。もう手放しても大丈夫!!と自然に思えたので。




子どもの靴下×2。




ユニクロのジョガーパンツ×1。





にほんブログ村テーマ 捨てる。へ
捨てる。